WEB系の技術を詳しく解説

【ブロックチェーン】MacOSにbitcoin-cliを導入する

Bitconiの技術的な部分を理解するためにはBitcoin Coreに参加する必要があります。2017年に爆発的に台頭した仮想通貨により「ブロックチェーン」という言葉の浸透は日に日に強まっていますが、技術的な部分について詳細に知っている人は少ないでしょう。

今回はMacOSでBitcoin Coreをターミナルで操作できるようにするbitcoin-cliの導入方法を簡単に記録しておきます。いくつかのリファレンスによっては(少なくとも僕は)同様のコマンドを真似して打ってもエラーを吐かれる場合があるので、2018年9月の記事公開時点で動作したターミナルコマンドを紹介しておきます。

スポンサードリンク

Macへbitcoin-cliをインストールする手順

以下に手順を記載していきます。

手順1:ソースコードをクローンする

bitcoin-cliを導入する前にbitcoinのページからソースコードをcloneします

gitがインストールされていない場合、Homebrewを使ってgitを先にインストールしておきましょう。

手順2:bitcoinディレクトリに移動して安定なバージョンを選択する

でクローン先ディレクトリに移動して下さい。
で同期できるタグを確認します。tagというのはコミットIDをよりわかりやすくしたラベルのようなものです。

上のように様々なバージョンが表示されると思います。このうち末尾にrcがついていない最新のものを選んで下さい。勿論バージョンが低いものでも構いません。執筆現時点では「v0.15.0.1」が最新だったのでこのタグを使ってブランチを同期します。

手順3:bitcoin-cliに必要な依存パッケージを導入する

Homebrewを用いて依存パッケージをダウンロードします。特にBerkley DBについてはDB 4を使う仕様になっているそうなので最新版ではなくDB 4のものをインストールすることに注意して下さい。

下記コマンドで色々インストールしていきます。

いろいろ自動生成してくれるAutomake(GNU Autotools)を使います。詳しいことは僕も知らない。

libtoolをインストールします

auto generationしてくれるシェルスクリプトを実行します。これを実行すると./configureが生成されるので、それも実行して下さい。

次はDB設定です。

Berkeley DB4をインストールします。バージョンは必ず4を選択。

boostをインストールして下さい。

libeventも。以上が依存パッケージです。一気にインストールしようとするとエラーが出るのでエラーが出て困っている人は1つずつインストールしていくと上手くいくかもしれないです。

手順4:makeを実行する

パッケージの導入が終わったらmakeしていきます。

makeはかなり時間がかかります。スペックの高いパソコンをお持ちの方はjobを並列に処理させるオプションを追加すると時間が短縮できます。

以上でbitcoin-cliが導入されているはずです。コマンドを打って各自確認してみて下さい。

まとめ

今回はターミナルを使ってMacOSにbitcoin-cliを導入する方法を解説しました。これで色々testnetとかいじれるのでBitcoinに関する技術的な部分を勉強できるようになります。

ブロックチェーンはまだまだこれからの分野なので勉強する価値は大いにあるでしょう。誰かの参考になれば幸いです。

ビットコイン・ブロックチェーンについてもっと詳しく知りたい!という方はこちらの書籍が技術面からのアプローチをしているので是非読んでみてください!今回の手順も、丁寧に解説されています。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です